女子ラグビーワールドカップ2017アイルランド大会には12カ国の代表チームが参加します。

ラグビーワールドカップ2014フランス大会の上位7チームに終わった3カ国は予選免除で2017年アイルランド大会の出場権を獲得しています。

  • イングランド代表
  • カナダ代表
  • フランス代表
  • アイルランド代表
  • ニュージーランド代表
  • アメリカ代表
  • オーストラリア代表

上記のチームに加えて、2015-2016年女子シックスネーションズで上位2チーム(イングランド代表、フランス代表、アイルランド代表を除く)となったイタリア代表とウェールズ代表の出場も決定しています。

ラグビーヨーロッパ女子チャンピオンシップを優勝したスペイン代表は、2016年11月に25-15という総得点でスコットランド代表を下し、ヨーロッパ地区の最終予選を通過しました。

残る2枠は12月9〜17日に、開催国の香港代表、日本代表、そしてフィジー代表が参加した大会で決定されました。フィジー代表は11月5日にオセアニアラグビー女子チャンピオンシップでパプアニューギニアを37-10で下し香港大会の出場権を得た。

共にフィジー代表を下した香港代表と日本代表は上位2チームのフィニッシュが確定したため、WRWC 2017の出場権を獲得しました。